よくある質問

SF Twin™ Cobotはどのようにして入手できますか?
協働ロボットJAKAを2023年4月以降に購入された場合、標準で搭載している製品です。それ以前にJAKAをご購入されたお客様はJAKA販売代理店(進和株式会社)へお問合せください。
ソフトウェアの配布は、本サイトにて行っております。
SF Twin™ Cobotが起動しません。
製品起動の条件が成立しているかをご確認ください。
  • 本ソフトウェアを実行するPCの性能をご確認ください。
  • 本ソフトウェアを使用するためには、高い性能のPCが必要となります。スペックが不足していると、動作が遅いまたはソフトウェアが突然落ちることがあります。
    なお、動作確認済みのPCの性能は以下の通りです。
    OS:Windows10Pro, CPU:インテルCorei7-1165G7 /4コア8スレッド, GPU:Iris Xe, メモリストレージ:SSD 256GB

  • USBドングル(※1)とライセンスファイル(※1)が一致していない。
  • USBドングルとライセンスファイルは、ロボットの個体番号に紐づけられています。正しい組合せでの利用が必要です。
    不当なコピーや第三者への貸与など、ライセンス規約外の利用方法で発生した問題に対する動作サポートは行いません。
    ライセンスファイルに対するエラーと対処方法はユーザーマニュアルの5章をご参照ください。
    ※1:これらは販売代理店より配布されます

    SF Twin™ CobotとJAKAが接続できません。
    接続方法については、チュートリアル動画またはユーザーマニュアルをご確認ください。
    本お問合せに対する原因の多くが以下のいずれかの場合に当てはまりますので、今一度ご確認ください。

    【オフラインティーチングの場合】
    ・協働ロボットの公式Appに入力するロボットIPアドレスに、SF Twin Cobotのバーチャルコントローラ欄に表示されているIPアドレスを入力していますか?

    【リアルタイムモニタリングの場合】
    ・SF Twin Cobotのメニュー内の実機IPアドレスに、協働ロボット(実機)のIPアドレスが正しく入力されていますか?
    ※接続対象のロボットのIPアドレスをご確認ください。
    ・SF Twin Cobotを起動するPCと協働ロボットはWi-Fiまたは有線LANにて接続されていますか?
    ・協働ロボットのコントローラバージョンが動作対象であることをご確認ください。
    バージョン確認はこちら
    オフラインティーチング、リアルタイムモニタリング機能の使い方がわかりません。
    こちらにチュートリアル動画を用意しております。こちらの動画に沿ってお試しください。
    チュートリアル動画のページはこちら
    また、オンサイトでの使い方サポートも行っております。(※有償です) ご要望の場合は、お問合せフォームよりご相談ください。
    JAKA以外のロボットや搬送ロボットなどの別設備で利用できますか?
    現段階(2023年4月時点)では、利用できる協働ロボットはJAKAのみとなります。
    他メーカーの協働ロボットでも実現可能な場合がございますので、利用したいロボット機種と実現したい具体的な内容についてお問合せフォームよりご相談ください。
    SF Twin™ Cobot(Ver 1.0.0)の障害物ファイル(*.vjs)を
    SF Twin™ Cobot(Ver 1.1.0)のSF Twin™ Cobotで使用するにはどうすればいいですか?
    障害物ファイル(*.vjs)は、SF Twin™ Cobot(Ver 1.1.0)でそのまま使用することはできません。
    レイアウトファイル(*.sflo)に変換する必要があります。
    変換ツール(vjs2sflo.exe)をこちらからダウンロードしてください。
     変換方法については、変換ツールに付属しているreadme.txtをご確認ください。

    大変申し訳ございませんが、本ページで解決しない場合にはお問合せフォームよりご連絡をお願い致します。